地球幸福度指数、世界5位のベトナム人に自分が幸せかを質問してみた

みなさんどうも、ナオキです。

ところでみなさん『地球幸福度指数』って知っていますか?
簡単にいうと寿命や環境への負担の少なさ、生活満足度に基づいた指数です。つまりお金の豊かさに基づくものではないのです。2016年に発表されたランキングでは日本は58位、アメリカは108位でした。

そして、アジア地域のトップかつ世界5位の国はなんとベトナムでした!
今回、ぼくはベトナム人の友達に自分の生活や国が幸せかどうか聞いてみました。

『地球幸福度指数』とは少しズレるかもしれませんが、1人のベトナム人の友達に対するインタビューです。

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

 単刀直入に!「ベトナムでの生活は幸せですか?」

ってまず最初に質問してみました。
答えは「あんまり不満もないし、今の生活は幸せ!」という答えが返ってきました。
うーん!何も悩むことなく答えられるところが凄いです。ぼくならグダグダ答えてしまいそうです。(汗)

仕事もあるし、給料にも満足しているし、職場の雰囲気も良くて幸せとのこと。自分の幸せを点数で表してもらうと100点満点中、80点とのこと。
不満があるとすれば、仕事が単純でつまらないのでもっと日本語を使う仕事がしたいと言っていました。
ぼくからすると今の仕事(日系企業)も難関なのにもっと上を目指す向上心に脱帽です。

スポンサーリンク

ベトナム人の生活や考え方

まず、1日の始まり。

ベトナムでは朝はゆっくり屋台でコーヒーや朝食を食べて、あまり急いで出勤しないそうです。だから朝から時間に追われることはないらしいです。

つまり遅刻に対してもユルい?日本は遅刻に厳しいので考えられません。

仕事に対する考え方

残業というのはあまりなくて、定時に帰るのは当たり前だそうです。
だからサービス残業があったりキツい仕事だったらすぐに辞めるそうです(笑)。
すぐに辞めてもベトナムでは転職することが簡単なので嫌な仕事を続けることは絶対に無いそうです!

「嫌だったらすぐ辞める」憧れます!
しかも、自分で屋台を作って商売を始めることも簡単にできるから仕事の心配はないそうです。

国に依存しない

国の政治や経済にあまり関心はないそうです。
だから国の経済成長や支援などに頼らないらしいです。年金とか生活保護、子供手当ですね。

年金の代わりに、ベトナムでは自分の子供に老後の面倒を見てもらうのが一般的なので、結婚しない人はほとんどいないそうです。

ストレスがない

これは人それぞれですが、僕の友達は日々の生活で心が苦しいと感じたことがないので、その気持ちが本当にわからないらしいです(汗)。

人間関係も日本に比べて簡単らしいです。上下関係など。

ぼくもベトナムはストレスが無いように感じます。

日本は凄いけど人が幸せそうではない

これは本当に言われてショックでした。
いままで何も疑問を持たず生きてきましたから……..

日本で仕事をしてみたいけど、「日本で長い間仕事して暮らすのは絶対嫌だ。」と言っていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

日本はたしかに経済的にとても恵まれています。
しかし、仕事に追われいつも忙しなく動いているのは本当に幸せなのか疑問に感じます。

やっぱり仕事と生活のバランスが大事。

経済的に豊かになれた日本なら、次は心が豊かな幸せな国になることも可能ではないでしょうか?

それでは。

 

 

スポンサーリンク