【タイガーエア】台湾(桃園)〜シンガポール搭乗記【LCC】

今ホーチミンに滞在しているナオキです。久しぶりの記事!
実は、ホテルのwifiがすごく遅くて。昨日の深夜、ダメ元でYouTubeみたら普通に見れました(笑)
東南アジアあるあるですね!

さて皆さんはシンガポールにどうやって行きますか?

僕は東京から台湾、桃園国際空港からLCCのタイガーエアを使って行きました。
今回はその搭乗記を書きたいと思います。

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

タイガーエア TR2995便 シンガポール、チャンギ空港行き

まずチケットの値段は2904元(2016年5月、9959円のカードの請求がきました)
出発日の約2ヶ月前にタイガーエア公式サイトから購入しました。

シンガポールへの航空券は↓から検索しまして発見!

飛行時間は4時間30分くらいでした。東京からは7時間以上かかるのでそれに比べたらラクです。
客層は台湾人、シンガポール人、欧米人で日本人はたぶん僕ひとりでした。

出発は定刻通り

定刻通りに出発でした。

IMG_4406

ちなみに、入り口で持ち込み荷物のサイズチェックは行なっていませんでした。安心してください(笑)

機内の設備、座席の座り心地

うーん。機内は正直、エアアジアに比べると汚かったです。

IMG_4408

となりの席のシートポケットが大変なことになっていました(笑)

座席は少し浅い気がしました。他のLCCに比べて特に狭くはないと思います。
ただ席も少し古びてました。

機材はA320なので通路は1つしかありません。

機内サービス

事前に予約、予約するといくらか安くなるようです。
貧乏な僕は予約も機内での購入もしていません。すいません(笑)

機内メニューは値段が高く、とても買えませんでした。
ちなみに隣の欧米人は寿司とせんべいを持ち込んで食べていました。とても大きな女性でした。

確実に持ち込んだほうがお得です。

飛行中の揺れ

飛行機恐怖症の人は気になると思うので書きます!

フィリピンを過ぎたあたりから凄まじく揺れました。一人で肘掛にしがみついていました(笑)

ちなみにLCCにはモニターがないので映画を見たり、現在地を知ることができません。そんなLCCに乗るときにオススメなアプリがこちら。

 

MAPS.ME — オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME 

タブレットやスマートフォンにダウンロードしておけば機内で見ることができます。

僕はLCCに乗るとき、この2つは必ず使っています。

定刻より少し早く到着

チャンギ空港ターミナル2に到着。

飛行機からも比較的スムーズに降りれました。

スポンサーリンク

さいごに機内持ち込み荷物について

たぶん皆さんが一番気になるところだと思います。

桃園空港で僕が受けたチェックはかなり適当でした(笑)

荷物は大きい方しか重さを測らず、サイズチェックは無しでした。これ以上は書けないので知りたい方はFacebookページかお問い合わせからどうぞ!

それでは

スポンサーリンク