【iPhone7に変えたので】Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wirelessを購入、レビューしてみました!

iPhone7が発売されてもうだいぶ見かけるようになりました。
どうも!ナオキ@naoki_0820_です。

iPhone7の見分け方ってすごく簡単で、Lightningコネクタか3.5mmヘッドフォンジャックアダプタを挿していたらまず間違いなくiPhone7なんですよね。なぜならiPhone7からイヤホンジャックが廃止されたから。

MacからもDVDドライブが廃止され、ついにiPhoneからもイヤホンジャックが廃止された形です。これからは確実にワイヤレスの時代が来ると、僕は思います。最初、MACにDVDドライブが付いてないことに驚きましたが、今は必要性もまったく感じないのです!それと同じようにイヤホンジャックもいらなくなると思ったので・・・・・

ワイヤレスのイヤホン、Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wirelessを買ってみました!
それでは行きましょう!

 

スポンサーリンク

Beats by Dr.Dre Powerbeats3 Wireless

 

AirPodsにも使われているW1チップが搭載されています。
つまり、iPhoneやその他のアップル製品のために作られたイヤホンといっても過言ではありません!

ペアリングがとにかく簡単になりました!

詳しくはAirPodsのリンクを参考にしてください・・・・(汗)。

一番気になるところ!バッテリーはどれくらいもつの?

公式ではバッテリーの持続時間は最大12時間とのこと。
実際に使ってみると、通勤の行き帰り約2時間の使用でバッテリーの残りが85%でした。3日くらいは充電なしで使えています。(充電の残量はiPhoneなどのデバイスで確認できます)

万が一充電が無くなってもPowerbeats3 Wirelessは急速充電(Fast Fuel)に対応していて、5分の充電で1時間の使用ができます。(micro USBで充電)

 

スポーツに使える

イヤーフックが付いているのでフィット感が抜群です。防水性もあるのでランニングや筋トレにも使えます!

箱にレブロンジェームズが書いてあるくらいだからね!

Mac Book Pro でヘッドセットとして使える

実はこの機能が一番僕としては気にいっています。やっぱりW1チップ搭載なだけあってMacBookProとの相性抜群で、スカイプに良く使っています。

マイクの感度もいい感じ!もちろん音楽も聴けますよ!

スポンサーリンク

まとめ

たまあに、電車の中でiPhoneのスピーカーから音楽が流れてないか心配になります(笑)。が今のところそういうトラブルはありません。

みなさんもワイヤレスデビューしてみませんか?

それでは。

 

スポンサーリンク