【peach】ピーチ羽田〜台北(桃園)搭乗記【早朝発】

東南アジア48日間の旅に出発したナオキです。最初の目的地台湾に行くために、今話題のピーチ羽田発台北行きに乗りました。

この飛行機に乗るために空港泊もしました⇒記事はこちらからどうぞ。

 

それではピーチ羽田発台北(桃園)行き搭乗記いってみましょう!

 

スポンサーリンク

3時30分、チェックイン開始

国際線で一番早く羽田を出発する便なのでこの時間にチェックイン開始です。必要なものはパスポートのみで、メールで送られてきた二次元バーコードは必要ありませんでした。

そこまで混雑もなく10分くらいの並びで手続きまでたどりつきました。

 

スポンサーリンク

機内持ち込み手荷物検査はかなり厳しい

検査が緩いことを期待して、預けいれ荷物は無しにしていましたが、チェックイン2時間くらい前に預け入れありにしました(笑)正解でした。

僕も検査の時、サブバックは重さを測られないという記事をみて、サブバックに重いものを入れていました。

ピーチの機内持ち込み手荷物のルールはこちら

しかしバッチリすべての荷物を測っていました。どっちかに荷物を詰めても逃れられません。潔くお金を払いましょう!個数も厳密に2つまで!

大きさは目測で測っていました。怪しいとメジャーで測られます。

また、保安検査を抜けた後お土産を買って荷物が3個になっている人は注意されてました。

スポンサーリンク

保安検査は4時オープン

僕も初めて知ったのですが、保安検査と出国審査は4時オープンでした。(今後早朝や深夜便が増えれば変わる可能性あり)

チェックインを終えて、15分ほど保安検査場の前で待ちました。

オープンと同時に検査を終えて出国。

保安検査を素早く抜けるコツは、ベルトやポケットの中身、時計はすべてあらかじめバックに入れといて、パソコンやタブレット、規定通りパックした液体をカバンから出しておくことです。あとは荷物をトレーにのせ、パソコン、タブレット、液体を別のトレーにのっけて金属探知器を通るだけです。怪しいものを持っていない限りすぐに通り抜けられ、スムーズに出国できます。

出国後、空いているお店はココです

出国後、普通の時間であればたくさんの人やお店で賑わっていますが、まだ午前4時。ほとんどのお店が閉まっていました。

一番大きなフードコート、出国後すぐあるティアットの免税店、各銀行の両替所だけがオープンしていました。

お腹が空いていた僕はフードコートへ
DSC00350

毎回、出発前に六厘舎を食べてます(笑)今回も。
DSC00351

5時15分頃、105ゲート前の売店がオープンしました。

出国後は快適に過ごせる

ご飯も食べれて喫煙所やトイレもたくさんあります。

充電できる設備もたくさんあります。

DSC00353

だから僕はいつも早くチェックインを済ませて、出国します。

5時35分、搭乗開始(105番ゲート)

後方の座席の人から搭乗が開始されました。

お客さんは台湾の人のほうが多く感じられました。

機材がA320で通路が1本しかなく、入り口も1つなので早く乗れるかは周りの人次第です。

ほぼ定刻で出発

シートの座り心地は普通です。他のLCCと変わりなく狭いです(笑)
僕は背が低いので幾分かラクです。

 

 

 

実はここで残念なお知らせが‥

 

 

 

定刻どおり出発と同時に僕も定刻どおり夢の中にテイクオフ!してしまいました‥

機内サービスなど何がおこなわれたかわかりません‥

すいません‥

無事に台北(桃園空港)到着

到着のアナウンスで最後にCAさんの「おおきに」が印象的でした。

うーん。感想は台湾って近い!ですね。

次回は台湾だけに行くときに乗りたいです(笑)

それでは。

スポンサーリンク