旅に出て僕ら日本人は本当に恵まれていると思った

どうもナオキです。久しぶりです。
48日間の東南アジアの旅から無事に帰って来ました。旅の途中にブログを更新できませんでした…….。

理由は現地の人と毎日交流してたからです。

その中で、よく言われた言葉があります。「自由に旅行出来ていいね」
僕はこの言葉を言われるたびに謙遜して「そんなことない」とか言っていましたが、やっぱり自分の置かれた環境や日本人として生まれたことについて深く考えさせられました。

 

今回は僕の思ったこと考えたことを文章に起こしたいと思います。(ベトナムを例にして)

 

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

日本人はどこへでも簡単にいける

もし明日、ベトナムに行きたいと思ったら僕ら日本人はすぐに行くことができます。必要なのは航空券とパスポートだけです。本当にそれだけあれば行けてしまいます。

逆にベトナム人が明日、日本に行こうと思ったら行けるでしょうか?ほとんどの人は行けないでしょう。なぜならビザが必要だからです。ビザを取るためにはお金と時間がかかり、様々な条件があります。つまり、ある程度のお金と地位が必要なのです。

 

日本人は誰でも16000円か11000円を払えばすぐにパスポートを作れます。そして煩わしい手続きなしに、ほとんどの国にビザなしで行くことができます。必要なのは航空券とパスポートだけです。

だから僕はいつも自由に旅ができます。

スポンサーリンク

 給料が高い

25000円ってすぐに稼ぐことができますか?
ほとんどの日本人が無理せず、すぐに稼ぐことができると思います。実はこれ、ベトナム人の平均月収です。日本の学生アルバイトよりも少ないんです。

僕ら日本人は頑張れば大きいお金を手にいれることができるんです。アルバイトですら。ベトナムの物価はだいたい日本の3分の1、しかし給料は10倍くらいの差があります。

ちなみにベトナムのアルバイトの時給は15.000ドン=68円(2016年9月現在)らしいです。

日本人に生まれていなかったら僕は旅に行けなかったと思います。

スポンサーリンク

まとめ

「旅すること」だけを基準に考えただけでも、僕ら日本人は本当に恵まれています。

節約して一生懸命働けば、貯金だってできます。我慢さえできれば。自分の意志しだいです。

ベトナムを例に出して書きましたが、ベトナム人が幸せじゃないわけではありません。
彼らは毎日を楽しんで生活しています。

今度このことはまた書きたいと思います。それではまた

スポンサーリンク